ヒジを柔らかく

1 min 15 views
kaerudon

kaerudon

 昨日はパンクの修理が終わったのが、午後2時位だったので稽古には間に合わず・・・。

 いつもお世話になっている近所の整備屋さんに修理をお願いした。これで明日の稽古、二人分の道具と殿様の着替えをを持って行ける。電車じゃ無理だもん。

 で、今日は王子稽古へ。通信講座のビデオ撮影日。

 殿様がえるは残念ながら、忙しくて午前中は出勤になってしまったので、お昼までお仕事してから稽古場へ。大変・・・。(´ヘ`;)

 今日も試験対策。チェック形式で。斬落→巴合→右重→左重→○シャ刀(待)→○シ乱(待)・・・で、かえるは○シャ刀までなんとかやっとこさ合格。

 右重、左重の時、「剣から相手を見るつもりで」と先生にアドバイスをいただく。なるほど~。それから突っ込み過ぎないこと!


 ○シャ刀の待ち。腰斬りの受けが間に合わず、最初の1回なんて、剣がこめかみの辺りに・・・。(((( ;゚д゚)))アワワワワ

 そして、続けて3回くらい、左手の指を打たれる。受ける位置も悪いし、間に合わない。足斬りを受けた後、慌てて腕を上げるのではなく、大きく半身を切り替える感じで受けてみた。そしたらなんとか間に合った・・・けど、ビビって下がり過ぎなんだろうか?!(;´Д`)

 牛乳パック斬り、先週は斬れたのに、今日は全然ダメだったけろ~。。゚(゚´Д`゚)゚。 なんか、自分でも斬ろうとし過ぎて引いている気がする・・・。切れ目は入っても、刃が牛乳パックの向こう側に届いていなかった。ちょっと力入り過ぎだぁ~。

 そしてヒザの使い方が全くわからなくなってしまっている。ヒザを痛める前はどこに重心を置いていたんだろう・・・。確か「後ろヒザは斬る瞬間に緩める」って覚えているんだけどなぁ~。

 今回の通信講座は、廻剣で使う腕の使い方や○シャ刀の待太刀をやった。巴合、早くなると付いて行けなくなるのは、ヒジの緩みが足りないからなのかなぁ~と思った。木刀を片手に持っての、先生のお手本はものすごくなめらかだ。はぁ~、これが出来ないと巴合が上手くならないのね・・・。これは基本なのだろうけど、とても難しい。


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です