握手した手を返す

2 min 27 views
kaerudon

kaerudon

 今日は王子稽古に参加。木曜居合から5日間連チャンの稽古だ~。なんかそ~ゆ~の久しぶり・・・。(・∀・)

 剣術は素振、八相の確認、剣重。そして試験対策をチェック形式で。今日は木刀で新聞紙袈裟斬りからスタート→受流左右ゆっくりバージョン→巴合→斬落止→斬落袈裟→座○呼吸。

 新聞紙袈裟斬り、ホントは90%、せめて80%で斬れるようになりたい・・・。(;´Д`)先生に「ちょっと斬ってみて」と言われると、精神的に負荷が掛かるのか?!連続4回くらい失敗・・・。(;・∀・)冷や汗がダラダラしてしまうけろ。はぁぁぁ~、どうなることかと思った。ダメだ・・・かえるどん、不動心だよ、不動心。巌上松だよっ!(by大御心)

 巴合、早くなると先生のスピードに全くついていけない・・・。だんだん左手が木刀をキャッチ出来なくなって、「助けてぇ~」な感じに・・・。緩みが足りないのかな。早くなると力んでしまうのかなぁ~。先生の巴合をじっくり観察させていただいたが、早くてもゆっくりでも形に違いは無いし、手の動きも乱れることは無い。う~む。(´ヘ`;)練習するしかないけろね。

 キャッチボールだということを忘れずに、相手の中心を見て、等速で。伸び上がらないこと、腕で剣を返さないこと。


 斬落袈裟は「腕でやり過ぎ」と注意される。腕じゃなく体を乗せるつもりで・・・と修正してみるのだが、やっぱりちょっと無理矢理な感じらしい。(;´Д`)隊長の○山組に編入しないといけないか。

 座○呼吸、ちゃんとラインで崩すようにとのこと。先生がかけてくださったので、その感じに何とか近付けるように意識した。右手のヒジは伸ばさず肩を触りに行くように。左手もしっかり使うこと。軸は立てて、体は前に突っ込まなければ上手く行く・・・ハズ。これも安定して出来るようにならないと!

 牛乳パック逆袈裟斬り、今日は最初から斬れた・・・。良かった・・・。斬り素振りをしてみて、今日は腕の痛みも無く、ヒジがポーンと伸びる感じを出せていたので、これなら今日は大丈夫だろうと思っていた。

 でもやっぱり高さのコントロールが上手く行かず、かなり下の方を斬ってしまったりも。やっぱりヒザの使い方なのかも。ヒザを緩めようとすると沈み過ぎてしまうみたい。片足重心をどうにか修正して、コントロールを取り戻したい。(´ヘ`;)

 そして自主稽古、ハルさんにお相手していただく。またまた天○投げ。最初の一歩をもっと半身を切る感じで、少し深く踏み込んでみる。で、手じゃなくて胸→ヒジで斬って行く意識。

 正面○身投げ、悪戦苦闘していると先生がアドバイスをしてくださった。反対側に立ってもらい握手した状態で、その手を返してもらうと自然に出来る!これを一人でやればいいのか~。そして途中で止めずに、返した流れで下に落とす。この感じ、忘れないようにしたい。

 連続前後斬、股関節から動き出すように意識。早く上体を切り替えるには、やっぱり股関節なんだよね。これもまだまだいっぱい稽古しないと・・・。

 帰り道、雲行きが怪しくなり、途中からザーッとすごい雨が降って来た。明日のお天気はどうかな~。洗濯物が乾かないけろ~。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です