腕で振らない、真下に落とすように

2 min 17 views
kaerudon

kaerudon

 今日は三河島の稽古の日。

 朝起きたら殿様がえるが、風邪引いたみたいで熱っぽいと・・・。あらら、今度の土日は合宿だし、無理するといけないからお休みしたら~と言うことで、殿様がえるは稽古をお休み。かえるは一人で午後から稽古へ。

 まずは足の入れ替え、半身の入れ替え、受け身。歩法、ダッシュ。撞木。突きを半身で避ける練習。

 剣術。基本素振りから。廻剣、上段。八相の確認。

 大上段からの当てっこ。○川君、反応が速い!

 斬り返し。突っ込まないように。

 基本組太刀の1本目と3本目を練習。それから3本目を高速で。1、2と打ったら間を空けないで中心を取るのだけれど、全然スピードに付いて行けずに、仕太刀なのに中心が取れず、逆に取られまくり・・・。(´Д⊂グスン

 肩入れ?正眼でお互いに構えて、相手が上段に構えようとしたら小手に付けて行く?小手を取りに行く?ヤツ。構えてから行っても遅いので、構えようとするのを感じて取りに行くこと。これまた足がスムーズに付いて行かず、とっても難しい・・・。

 体術。手首の取り合い。肩の取り合い。アニキ、サイモンさんをやっつける。きゃしゃなのに強い!さすが。(゚∀゚ )

 転換?手首を持たれた方が、相手の横に入るヤツ。手首を持っている方は、入られないようにする。

 転換入り身投げ。(でいいんだっけ?)この間○藤さんに、腕を差し入れる時に肩が上がってしまう場合は、大きく円を描くようにふわ~っと入れて行くところから練習すると良いとアドバイスをいただいたので、そのようにやってみる。相手の横に深く入ること。ヒザを緩ませることで、崩すこと。

 手解き。苦手けろ~。力を入れて挙げてしまっている感じ・・・。(´ヘ`;)

 中心の取り合い。間を取られるないように・・・。気を抜くと、構えてすぐ倒される。

 自主稽古。居合。SGT1、5、6を練習。6本目、なかなか出来るようにならない。○谷さん、○藤さんにアドバイスをいただく。

 やっぱり斬るところが遅れてしまう。「抜いて~斬る」になっている。左足を差し入れる時に、すでに右腕は後ろに立てているイメージなのかも・・・と思った。完全に後ろを向いてから、斬る・・・感じだと遅れちゃうよね。

 腕を振らないこと。立てた右手、柄頭をそのまま下にぶつける?落とす?ような感じ。とにかく真下、真下・・・。で、振らないで受け止めるように。

 ○藤さんが「昨日よりはマシになっている」となぐさめてくれた。ありがとうございますぅぅぅ~。(´Д⊂グスン

 難しいなぁ~。最近電車で座っている時も、つい「真下に落とすように・・・」とか思い出して、手を動かしてしまう。ヒザの上で小さく、何かを抜いて、何かを斬って・・・。(笑)

 そうしたら、T師匠も電車で立っているとついつい杖のことを思い出して、ヒザの緩みを・・・とちょっと動いてしまうと言っていた。(笑)急ブレーキを掛けられても、ヒザの緩みを使えば転ばない?!電車の中でクルクル動いていたら、かなり怪しいか・・・。(;´∀`)

 おうちに帰って、「今日は○たら先生も来てたし、バチさんも来てたよ~」と報告すると、殿様がえるが悔しがっていた。


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です