強いぞ!○山さん!

1 min 84 views
kaerudon

kaerudon

 今日は王子の稽古に行って来たけろ~。雨が降って花粉が少ないみたいで、今日は楽だったけろ~。

 まずは体をほぐしてからいつもの太い振り棒、木刀で素振り。

 斬り返し、振り棒から普通の木刀まで、順番に。振り棒は重たいのでホントに難しい。普通の木刀での斬り返し、剣先に体を乗せるように注意される。

 ○山さんの打ちを受ける前に、「お手柔らかにお願いします」とお願いしたが、「それがお手柔らかにですか?!」と先生が苦笑する位に重たくて早い打ち。((((;゚Д゚)))ガクガクブルブル スリルとサスペンスけろ~。

 ○車刀、そして足斬りのところだけを練習。受けが遅れると相手にケガをさせるから要注意との事。受けは左の股関節を引く?抜く?ような感じで後ろに下がって受ける。腕で剣を持って来ようとしても間に合わない。

 体術、試合に向けて実戦的な技を練習。横に付いて腕をつかんだ状態からの崩し方。肩を殺して前後に揺さぶる?!前方に肩を殺したら、ヒジを真下に落とすようにして崩す。ヒザかっくんみたいに、ヒザでヒザを押す。

 そして○山さんのパワフルぶりが更に明らかに・・・。○一郎さんがコロンコロンと転がされていた。強~い!みんなに試合に出ればいいのに~と言われていた。シニアの部があれば優勝候補けろね~、きっと。

 掌底の練習。中心を空けないように、半身を切る。内側から打って行く。

 居合。壁抜き、腹抜き、縦抜き、腹抜き突き。斬り上げ。SGT1本目、2本目。2本目は左足から立ち上がる。

 受け流して斬るところが難しいので、途中から木刀でその部分を練習。

 腹抜き突きしたら、相手の中心を抑えたまま左足を引いてしゃがむ。剣先は相手をずっと抑えていること。抑えられているから相手は打って来られないけろ。で、自分がふっと緩むことで相手を誘って、打ち込んで来たところを斬る。そのやり取りを明確にやるように。

 一人でやっていると良くわからないけど、実際に正面に立って構えてもらい、「もっと上、体の左側が空いている」などと抑えるポイントを教えてもらう。また反対に自分が打ち込む側をやらせてもらうと、抑えられていると打ち込めないという意味がわかった感じ。

 自主稽古では、昨日教えてもらった組杖の手順を忘れないように復習。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です