剣術と体術

1 min 19 views
kaerudon

kaerudon

 今日は居合の稽古に行って来たけろ。常磐線が遅れてて、遅刻してしまった。

 刀を持たずに立ち居合の1~6本目を練習するところから参加。手順の微妙に怪しいところを、確認しながら。

 4本目、右足は左に出して刀を返すところから始まり、抜いたら左足を左へ。突く時は左足が前って事。で右足を寄せて真っ向に斬る。最後は右足が前。足の動きをちゃんと覚えないと。

 基本素振り。廻剣、上段からの突き、納刀、壁抜き、腹抜き。縦抜き、腹抜き突き、斬り上げ、○返し。先生からOKが出ないと先に進めない。縦抜きは剣に体を乗せるように注意される。抜いてからスピードが落ちてしまっているとも。

 う~ん、こうしなきゃ、ああしなきゃがたくさん!で、どれも出来ないよ~!(´Д⊂グスン

 斬り上げは○木さんに教えて頂いた。左の股関節は緩めるけど、軸はちゃんと立てておくこと。体は捻らない。斬上げるラインを意識する。時々引っかかってしまうのは、右手が前に出てしまうからかも。

 なんとかOKが出て○返し、これがまた引っかかりまくり。モモさんに教えて頂く。柄頭を床に付けて途中まで抜いたら、腰を浮かせて抜こうするんじゃなく、左ヒザを前に送り出すようにするとスムーズに行く感じ??その時右ヒザも伸ばすのじゃなく、前に緩める感じ?

 難しいなぁ~。なんとか抜けても、抜けた刀がグラグラしたり。もっと床に押し付けないとダメなんだよね。練習しなきゃ~。

 最後に体術、左手で襟をつかまれた状態から右手を剣のように立てて斬るようにして相手を崩すヤツ。そして次はその右手を、縦抜きのようにして半身を切って斬る・・・ようにする。

 どっちも難しいけど、縦抜きをしてからやる方がスムーズに体が動くような気がする。流れがあるから「斬らなきゃ」を意識し過ぎないのかな??半身も取りやすいのかも。

 自主稽古の時、この技を○一郎さん、○川さんと共に○木さんに教えてもらった。○一郎さんが上手く行かなかった理由が、早く沈み過ぎていること・・・と○木さんに指摘される。と言うことは、縦抜きでも早く沈んでしまっているってこと??

 なるほど~。剣術の上手く出来てないところが、そのまま体術にも出てしまうっていうことか~。改めてそういうものなんだと認識させられた。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です