楽しい体術のために?!

1 min 24 views
kaerudon

kaerudon

 夕方からは護国寺稽古に参加。

 稽古に行きながら竹の塚へ。ぴーちゃん&きゅーちゃん(デグー兄弟だけど小鳥の名前みたいだ)達の様子を見に寄る。母がえるが法事のため留守にしているので、エサやお水が足りなくならないように・・・。これからの季節は温度も心配だし。とりあえずエアコンはまだ入れなくても平気そうだった。

 そして護国寺稽古、後半の体術でI島さんと手解きの稽古をしていて、そのチェックをハルさんにしていただいた流れで、「体術が楽しくなる(?!)ヒント」みたいなものを教えてもらった。


 柔らかい動きでもぶつかるラインに行けばぶつかるし、ガーッと力を入れて動いてもぶつからなければ受ける方はあんまり抵抗を感じない。でも、だったらガーッとやる必要は無いわけで・・・ふむふむ。「ぶつからないように」というのが、ハルさんの体術稽古のテーマの一つらしい。

 確かに「かかる、かからない」だけで稽古すると、体術って難しいから断然「かからない」わけで、難しいばかりでつまらない・・・。でも、何か自分なりにテーマがあると、「かからない」なら「かからない」なりに稽古がより楽しくなるよね。

 「LP首にならないように柔らかくしなきゃ」とはいつも思っているつもだけれど、殿様に手解きの相手をしてもらったりすると「グイグイかえるどん」と言われるし(これでもマシになったのに)、かえるもマネして「ぶつからないように」を心掛けてみようっと。

 それともう一つ、柔らかい動きでも無駄な遊びがあるのは良くない・・・という話。これもすごくタメになった。かえるがハルさんに脱力落をかけてみると、下に落ちる動きの前に余分なことをしているらしい。指摘されると「確かに!」と思った。柔らかく動こうとするあまり、言葉で上手く説明出来ないけど、なんかしている・・・。Σ(゚Д゚)

 やっぱりとにかく出来るだけ余計な動き、無駄な動きは排除していく・・・というのが、目標であるのは間違いないみたい。

 しかしハルさんは研究熱心だから色んなことを考えていて、稽古の話を聞くのは本当におもしろいけろ~。

 稽古の帰り、スシローでご飯を食べてかえるどん。


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です