先走りを怖れないこと

2 min 39 views
kaerudon

kaerudon

 今日も雨。午後から王子稽古に参加。

 今日の稽古は斬返を特訓。う~ん、斬返は全然上手くならないけろ~。(´Д⊂グスン

 あれは1年半位前だっただろうか、ある日の王子稽古で斬返が突然イイ感じになったと先生が動画を撮ってくれた時があったっけ・・・。あれは幻だったのかしらん。

 今日もついうっかりとがんばって足を使おうとして、途中左ヒザがガクッとなった。「無理して使わない、使えるところを使えばいい」とアドバイスをいただいているのに出来ないことをしようとしてしまう。「いけない、いけない・・・モモ打ちだ」と、モモ先輩を思い出しつつ稽古。

 そしてまた振りかぶってしまい、注意を受ける。むむむ、股関節を緩めて体を乗せて行くことで、重さを出すように意識しないと~。


 このところ稽古に再登場するようになった、かた入れ(これは型なのかな?肩なのかな?)。お互いに正眼で構えて、相手が上段に構えようとしたら小手を取りに行く?ヤツ。お互いに合わせるバージョンもあり。

 ホントにもう難しいっ!「先走りを怖れるな」と先生。取りに行く方はついつい「今か、今か、いや違う?!」と躊躇してしまう。相手が「挙げよう」とする「あ」位の時に取れたらバッチリらしい。少し位先走り気味かと思っても、その位ならそのまま躊躇せずに取って行けば、相手は挙げるしかなくなるのだそうだ。

 取りに行く時、足が付いて行かなくても、まずスッと剣で取ること。そのタイミングだけは逃さないように・・・。

 体術、手首の取り合い、右半身で互いの右手を立てて合わせた状態から斬るようにして手首を取り、後ろかサイドに回るヤツ。後者の稽古、隊長にお相手していただくが、どうがんばってもあっさりとやられてしまう。必死で右手を立てて取り替えそうとしてみたが・・・。(´ヘ`;)

 牛乳パック斬り、逆袈裟を稽古。試験対策にしばらくは逆袈裟を練習しないと~。前回のリベンジしなきゃいけないし・・・。(;´Д`)

 1回目、折りたたまれるところに入ってしまい、半分まで斬れた後つぶれてしまった。う~ん、袈裟のラインを考え過ぎなのかな。試験的には斬れたらOKなのか、袈裟のライン、角度も重要視されるのか・・・。って言うか、まずは斬れないと角度うんぬんも無いか・・・。う~ん、でも角度が浅めの方が簡単な気もするし・・・。

 2回目、「もう良くわかんないや・・・考えるのや~めた」と思って斬ってみたら、今度は斬れた。あれこれ考えながらやると、失敗する可能性が高いのかも?!

 斬れた牛乳パックを拾って角度を確認。イイ感じにシャープな袈裟のラインだった。で、でも・・・。また折りたたまれるところから入っていた!上の青いところ。あらま、こんなところに入って良く斬れたけろ・・・と思った。大抵は1回目のようにつぶれてしまうから。

 はぁぁぁ~、なんかコントロールが効かなくなってしまった。斬ろうとしたところを7~8センチ外している。練習量が減ると、出来なくなってしまうものなんだろうか。(´Д⊂グスンそれともまたヒザの使い方が少し変わって来たのだろうか・・・。そういえば先週かな、先生に「腰が入っている」と注意されたっけ。構え方がおかしくなっているのかな?!

 帰り、竹の塚の母がえるのところに寄って、一緒にご飯を食べてカエル。渡し損ねていた母の日のプレゼント、やっと渡すことが出来たけろ。

 デグーさんのケージ、木製ステージがナナメになっていたので、扉を開いて手を入れて直していたら、いつのまにか一匹いなくなっていた!あれ~!きゅーちゃんが脱走!きゅーちゃんの気配を感じられなかった・・・。(;´Д`)

 おやつの袋をガサガサしても出て来ないので、諦めて部屋を出ようとした時、何気なく振り返ると鏡台の上にいたきゅーちゃんと目が合った!(笑)きゅーちゃん、み~っけ!程なく捕獲され、無事にケージへ・・・。良かったぁ~。

 おうちに帰ってから殿様にその話をしたら、「そんなんだから当てっこ、当てられちゃうんだよ。きゅーちゃんの違和感を感じないと」と言われてしまった。トホホ。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です