鞘の内側を修理してみた

2 min 29 views
kaerudon

kaerudon

saya.jpg 今日は居合の稽古。

 最近かなりヤバイことになってしまっていた、かえるの居合刀。鞘を自分で修理してみたんだけど、稽古でも大丈夫だった!良かった~。

 使い始めてから1年ちょっとになるのかな。ちゃんと抜けないから刀が鞘の中をこすってしまい、内側の木の部分がすっかり削れ、そのせいで鯉口がゆるゆるに・・・。正座で少し前かがみになるだけで、刀が飛び出してしまう状態になっていたけろ。(;´Д`)

 今日も稽古でやった、二人一組で向かい合って腹抜き突き・・・速く抜こうと焦ると右手に力が入って、鞘をガリガリやりがち・・・。(;´Д`)大きなダメージはこれだったかも?!

 おマヌケだし、危ないし~、どうにかしなくちゃ~と、ネットであれこれ検索してみて、割り箸を薄く削ったのをボンドで貼る・・・という方法をやってみた。


 一晩置いてしっかり乾かし、どれどれ、どんな感じ~?と、刀を納めてみると・・・ぬ、抜けない・・・。こ、鯉口が切れない・・・。Σ(゚д゚lll)ガーン ユルユルが一気に、ギュウギュウに固くなり過ぎてしまった!

 今度は、やすりで少しずつ削るハメに・・・。

 で、何度も刀を納めたり抜いたりと試しながら、やすりを掛けて、なんとか親指の力だけで鯉口が切れるくらいになった。ちょっと固いけど、使っているうちにだんだんまた緩くなるだろうし、これでいいや~。

・足の入れ替え
・刀を持たないで立ち居合6本
・基本素振り各種
・斬り素振り
・納刀各種
・壁抜き、縦抜き、腹抜き、腹抜き突き、斬り上げ
・二人一組で、相手に柄を押さえられたのを壁抜きみたいにして抜く
・二人一組で向かい合って、腹抜き突きを速く抜き合う
・○影を二人一組で
・SGT1、6、7本目
・集団居合をリーダーに合わせて

(体術)
・胸ぐらをつかまれたのを半身を切っておじぎするみたいにして斬るようにして崩す
・今度は手をまっすぐに相手の首に飛ばす&右足を踏み出すことで崩す
・三角入り

 SGTの時にやる、逆手にして座っての納刀、前に出している左足を折りたたむタイミングを試行錯誤。演武会の映像を観ても、個人差があるみたい。でもやっぱり、刀が納められるのと同時くらいに足も折りたたまれて、最後は手がスッと戻って終わるのがいいのかなぁ~。

 集団居合、6本目のタイミングがドキドキ・・・。一人だけズレてしまったら悲しいけろ~。そしてこの時の納刀のタイミング、リーダーに合わせるようにしないと~。

 稽古の帰り、すんでのところで乗れそうだった電車を逃してしまい、次の電車を待っていたら、上野駅で人身事故との構内放送が・・・。 Σ(´Д`lll)

 45分くらい、駅のベンチで待たされるハメになった。2ちゃんねる情報によると、助かったらしいので良かったけれど、なんとなく気分が落ち込んだ。待ちくたびれたし、案の定電車は混んだし・・・。

 珍しくお風呂上がりにビールを飲んだけろ。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です