護国寺で稽古

1 min 21 views
kaerudon

kaerudon

 今日は午前中、リハビリで電気治療。夕方から、殿様がえると護国寺の稽古に行って来たけろ。5時から理事会があったので、いつもより早くおうちを出る。

・足の入れ替え、半身の切り替え。受け身。

(剣術)
・構えから。基本素振り。八相の確認。斬り返し。大上段からの当てっこ。

(体術)
・右半身から相手の腕を取って、転換して右手と右足を出して崩すヤツ。肩抜き落とし。側面入り身投げ。手解き返し。正座からお互いに礼をして、片方が突いて来るのを横になりながら右手で受けて、腕を引いて相手を崩しながら立ち上がり体を入れ替えて肩を極める??ヤツ。
・中心の取り合い。

 手解き返し、相手の肩の後ろを右手で返す働きは、正面から手を開くようにして肩を抜いてやるのと同じことなどだと教えてもらった。なるほど~。後ろからは右手の小指を相手の中心にちょっと入れて?押さえて?そこから手のひらをお花が開くようにくるりんと返してあげる。

 正面からのは、肩に乗せた右手の小指を相手の中心にちょっと入れて、手を開くような感じで親指を肩の抜ける方向へすべらす感じ??

 説明を聞いてから改めて二つの技をプレーリー先生に掛けてもらったら、ホントに同じように肩に作用していてビックリ!!掛けられている感覚は丸く肩を抜かれている感じ。

 稽古の後、○浅先輩おかえりなさいの会。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です