初めての抜打

 今日は王子の稽古。かなり雨が降っていた。車だからいいけれど、道具持って傘差して・・・じゃ稽古も休みたくなりそうなくらい。(´ヘ`;)

 かえるは牛乳パック斬りをひたすらやらせていただく。まずは立ち居合3本抜いて→袈裟斬り。1回目、目視による高さ調整(?!)が上手く行かずに牛乳パックの上の部分に刃が入ってしまい、凹んで上手く斬れず・・・。

 う~、もっとヒザを緩めなくちゃ!と、意識してからはずっと連続で斬ることが出来た。何個斬ったかな?袈裟のラインに刀を合わせずに、動きの中で斬りたいところの高さとライン、そしてお借りしている刀の間合いを把握するのにやっと慣れて来たかも。

 すると先生が「抜打、やってみる?」と、突然おっしゃった。「え゛?!」・・・「出来ることをやっても仕方ないから」と言われ、初めて抜打にチャレンジ!


 う゛~!これまた難しいけろ~!最初はどうしていいか、まるでわからなかった!先生に体の向きや刀を抜き出す方向などアレコレ教えていただき、やってみた。左ヒザにはまだ体重も掛けられないし、ヒザを緩めたり、送りを使うなどの動作も出来ないので、右足に最初からずっと体重を載せたまま、ほとんど下半身は使えない。

 先生は股関節を使ってヘッドスピードを出しているとお手本を見せていただくものの、先生のマネは高度過ぎて難しい・・・。ヒザのケガが完治しても、そんな簡単には無理そうけろ~。(;´Д`)

 でも出来なくてもとにかく、少しでも、出来る範囲で股関節を使うように、イメージしてやっていかないと・・・。

 最初の体の向き、正面で牛乳パックを捉えては×。だいだらさん曰く、「人間を斬ろうと思ったら、もっと横幅があると考えてみたらどうでしょう?」と、わかりやすいアドバイスをくれた。なるほど~!牛乳パックは胴体の中心って感じ?!(って、怖い例え?)

 鞘引きが遅いと×!それから意識は前に・・・。斬上というよりは、水平に近い感じ?!体を早く開いてしまわないこと。剣先を振り切る。

 あと高さの調節が難しい!牛乳パックの上を思いっきり空振りしたりして、なかなか真ん中に行ってくれない。かえるの身長でそんなこと言ってたら、先生なんてもっと大変なんだよねぇ~。むむむ、どうしたら良いのだろうか?!

 あれこれ考えながらがんばってみたものの、思うような結果は出せなかった。あともう少し・・・なんだけど、繋がったままで残ってしまう・・・。最後になんとか1回斬ったけど・・・う~ん、怪しいかも。(;´∀`)

 鞘に収めない状態で同じ動きをして斬ってみたら、スパッと斬ることは出来たし、右からの水平斬りよりはまだなんとか、がんばっていっぱい練習したら可能性が見えるかなぁ~・・・。

 そしておうちに帰ってから、早速先生の動画を観て研究。


2 thoughts on “初めての抜打

  1. そんじ

    おつかれさまです。
    合宿前に膝を傷めてしまったのは水平切りでしたっけ?

    こないだも結構袈裟切りしてましたが、稽古後は平気ですか?

    新しい動きはお気をつけ下さいませ。

    返信
  2. かえる

    そんじ院長先生、ご心配ありがとうございますっ!

    さすがに前回で懲りて、今回はおそるおそる動きました。当たり前ですが・・・。(´ヘ`;)

    今のところ大丈夫で~す!せっかくここまで治って来たので、十分注意して稽古に励みたいと思います。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。