きゅーちゃん救急病院へ

 今日はお洗濯して~、お掃除して~、お仕事して~、お買い物行って~・・・と特に何もない1日のハズだった。夜になって、ひょーちゃん達をお散歩させるまでは・・・。

 お仕事をしていてふと気が付くともう10時、「あらま、もうこんな時間」とひょーちゃん達をケージから出してあげた。しばらくすると「ぴぃぃぃ~っ!」と悲鳴が!

 実は先週から、殿様がえるのお母さんちのデグさん2匹を預かっているのだ。ひょーちゃんとみるちゃんの息子である「ぴーちゃんときゅーちゃん」(インコみたいな名前だ。命名はもちろんお母さん)。

 もちろんケージごと預かっているので、今リビングにはデグさんケージが並んで置いてある。母子や兄弟姉妹と言えども、一緒にすると赤ちゃんが出来てしまうかもしれないので、お散歩は別。

 そしてお散歩中にひょーちゃんは、ケージ越しにぴーちゃんときゅーちゃんを威嚇に行くのだ。実の息子なのに、離ればなれで暮らして長いから、もうひょーちゃんにとっては「よそのオス」。縄張りに入って来た敵扱いなんだよね。父と息子でも、赤ちゃんの時からずっと一緒に飼っていれば仲良しらしいけれど・・・。

 犬はうれしい時にしっぽを振るけれど、デグさんは威嚇したり怒った時にしっぽを振る。そして「ぶぶぶっ、ぶぶっ」と滅多に出さない低~い声で鳴く。気のせいか、目もつり上がっているように見える・・・。((((;゚Д゚)))コワイ

 で、「ぴぃぃぃ~っ!」とゆう悲鳴はきゅーちゃん。かえるが振り向いた時には、ケージの中に血が飛び散り、左手の先から血をポタポタ垂らして立っているきゅーちゃんの姿が!!きゃ~っ!Σ(゚∀゚;)

 ケージ越しにひょーちゃんがかみついたのだろうか?!と、とにかく慌てて「ハウス、ハウスだよ~!」とおやつ袋をガサガサ言わせ、4匹のデグさん一家をケージに戻し、夜間診察してくれる動物病院をネットで探し出した。

 そう言えば前に動物病院へ行った時、夜間専門の動物病院が出来たってポスターが貼ってあったよね~と思いつつ検索すると、あった!これだ、「埼玉南部夜間救急動物病院」。

yakan.jpg

 慌てて電話をし、状況を説明。最初電話に出たお姉さんは、「デグー??・・・あ~っ、はいはい」みたいな感じだったので、「デグーさんは診てません」って前に言われたみたいに断られちゃうのかなぁ・・・とドキドキしたけれど、「出血がひどいようなら、連れて来ていただいた方がいいかもしれません」と言ってもらえた。

 きゅーちゃんはと言えば、いつもは入らない巣箱の中に入ってじ~っとしている。手だけじゃなく、首の辺りも血だらけで地肌が見えている。ええっ!首をかじられたのかな?!そっとキャリーに入れて、車で動物病院へ。

 で、怪我の具合は、左手の爪がはがれてしまっていただけ。体はどこも傷が無いので、大した怪我ではありませんよ~とのことだった。良かった~!!出血が多かったので、ホントにあせったよ~。診て下さったのは、とても感じが良くてやさしい先生でホッとしたけろ~。

 ケンカでやったのか、自分で何かに引っかけたか・・・原因は不明。ひょーちゃんが直接やったわけでは無さそうだが(ケージ越しだし)、ちょっかい出したのが一因なのは確か。(´ヘ`;)

 ヤツはトボけた顔してるくせに、やんちゃできかん坊なのだ。ほぼ99%、人間を噛んだりしないデグーさん。(甘噛みはするけど)それなのにかえるは、ひょーちゃんには2回、ガブリとやられているけろ。(´Д⊂グスン

 夫婦ゲンカの仲裁に入ったら八つ当たりでガブリとやられ、1回目は傷が結構深かったみたいで、指の筋のところがしばらく痛かったけろ。

 はぁ~、ホント大したことなくて良かったけれど、治療代はしめて9,970円!ほぼ1万円じゃん!ΣΣ(゚д゚lll)ガガーン!!でも、夜間だから仕方ないけろね~。

 それでも深夜に診てくれる動物病院が、車で行ける範囲にあるのは心強い。今回は大したこと無かったけれど、やっぱり生き物は怪我とか急病とか、何があるかわからないもんね。

 埼玉南部夜間救急動物病院は、必ず事前に電話をしてから来て下さいとのこと。そして、かかりつけの動物病院が獣医師会員でこの病院に登録していれば、カルテを直接かかりつけの先生に送ってくれるんだそう。

 きゅーちゃんはかかったことは無いけど、うちのデグさん一家は何かあると、越谷のおぬま動物病院でいつも診ていただいているので、今回のカルテもそちらに送っておいて下さるそうだ。「昨日、○○病院で診てもらったら、××と言われて・・・」なんてヘタな説明しなくて済むのは助かるけろね。

 カルテには「○崎Q太郎」と書いておいたけろ。(笑)


3 thoughts on “きゅーちゃん救急病院へ

  1. うぉんばっと

    まずはたいしたことなくて
    本当によかったです!!

    人間も動物も具合が悪くなったり、
    ケガをしたりするのは昼間とは限らないし、
    夜間診てもらえる病院は心強いですよね。
    病院に登録していれば、
    カルテをかかりつけの先生に送ってもらえるのも、
    うれしいし。

    まぁ9970円は痛いですが・・・(>_<)
    でも血だらけで、
    どこをどの程度ケガをしているか、
    わからない状態だったら、
    やっぱり診てもらえれば、安心ですから
    私も払いますよ、1万円。^_^;

    返信
  2. なな

    あわわ。。。
    想像できるだけに可哀想だし、かえるさんも大変でしたね。
    とにかく大怪我でなくてよかったです。
    うちも仲良しだったクッパとカルビが急にケンカして尻尾フリフリ→流血には相当あせりました。
    普段温厚?なだけにあの攻撃的なのは仲裁に入るのも勇気がいります。
    夜間診察してくれる病院、あってよかったですね。
    お大事に・・

    返信
  3. かえる

    うぉんばっとさん、ななさん、ありがとうございます!ホントに大した怪我じゃなくて良かったです。

    結構出血したので、思い切り動揺してしまいました!その瞬間を見ていて、怪我をしたのは手だけとか、爪を剥いだとかわかっていたら、翌日まで様子を見たかもしれませんが、返り血??で首の辺りまでベッタリだったので、「首噛まれた?!」と思ってしまいました。

    ケンカの仲裁に入るのは、要注意ですよ~。(笑)軍手とかした方がいいと思います。

    普段はあんなにのほほ~んとしているのにね~。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。