憧れのハワイ島へ-ハワイ旅行記-4日目

6 min 35 views
kaerudon

kaerudon

4日目 いよいよハワイ島で遊べる最終日(明日はもう、朝起きたら帰るだけ)。今日はマウナケア山頂&星空ツアーなのだ。

 いくつかの会社でやっているので、違いが良くわからなかったけど、評判が良いみたいなので「太公望ハワイ」という会社のを選んでみたけろ。

 朝9時過ぎに太公望から電話があって、12:50にホテルの車寄せに迎えに行くので、12:40には下に降りておいて下さいとのこと。よしっ!まだ時間があるぞ~!お土産を買いに行ける!

 ホントはおいしいと評判のビックアイランドキャンディーズ、お土産に買いたかったけれど、かえる達の泊まったコナからは遠いので諦め・・・。下調べでおいしそうだった、手作りチョコのカイルア・キャンディ・カンパニーへ行ってみた。ここはグルメ雑誌で、おいしいチョコ全米トップ10にも選ばれたことがあるのだそうだ。

 でもでも、ビッグアイランドキャンディーズ、後から知ったのだけれど、ホテルへお取り寄せが便利らしい!な~んだ、だったらわざわざ行かなくても済むもんね。トホホ。

今回借りた車

カイルア・キャンディ・カンパニー 「あらま、こんなところ?」というような町はずれっぽい、何にもないところにあった

 中に入ってみると、お~!チョコやお菓子がいっぱい並んでいる。お店のおじさんが「前にも来ましたか?」と聞いたので、「初めてです」と言うと色々と試食させてくれた。

 キャラメルとマカダミアナッツをチョコで固めたヤツ、甘いけどおいしかった。シュガーフリーもあって、ダイエットしている人にはいいかも。(ってマカダミアナッツ自体がカロリー高いけど)(笑)

 箱入りのチョコをいくつか買った。もちろん1箱は自分用~。(笑)「ギフトですか?」の質問に、「はい」と答えるとちゃんとメッセージカードを付けてくれた。それから、手作りで溶けやすいので、冷暗所で保存して下さいとのこと。早口で言われたので、最初は「??」「ソ~リぃ~?」(´ヘ`;)

 2回目で理解。「アイシー!コールドプレイス!OK!」(笑)

店内を見て歩いて飽きない!ロングス・ドラッグス!

 お土産をゲットした後、お腹が空いたので朝ご飯へ。ウェンディーズがあったから、そこに行ってみようと言うことに。コナ・コースト・ショッピングセンターの中には、他にスタバも入っていた。

 ハンバーガーとポテト、ドリンクのセットを注文。噂に聞いていたように、ハンバーガーがデカイ!(笑)

 朝ご飯の後、フェイスパウダーなどの化粧品を少し買う。

 ホテルへ帰り、しばらくコーヒーを飲みながらまったり・・・。「ホントにそんなに寒いのかなぁ~」と言いつつ、長袖の用意。さすがに履いて行くのは暑そうなので、綿パンツの下に履くつもりのスパッツは、バッグに入れた。

太公望さんの紺色の大きな車。もちろん四輪駆動。

 12:40になって下に降り、ホテルの車寄せで待っていると、時間通りに太公望ハワイの車がやって来た。ツアーガイドはケンさんという、イケメンのお兄さん。簡単な説明を聞き、承諾書にサイン。それから車に乗り込んだ。

 すでに2組のお客さんが乗っており、続いてワイコロアのヒルトンで、もう1組をピックアップするとのこと。総勢10名、車の定員ピッタリだった。

サドルロード 馬や牛がの~んびり草をはむ姿が見られた

 車は途中寄り道をしながら、マウナケア山に向かった。「プエオ」と呼ばれるふくろうの姿を見ることが出来ると、幸せが訪れると言われているとガイドさん。キョロキョロ探したけど、残念ながら見ることは出来なかった。

 ガイドさんの話によると、ここでふくろうを見た人で宝くじが当たった人がいるんだって~!( ゚Д゚)ヒョエー

だんだん景色が変わって行く

緑の牧場から黒い溶岩の大地へ

デコボコで大きな穴が開いていたり

空はホントにキレイな色

ガイドさんが寄り道をしながら、たくさん写真を撮ってくれた!

 ガイドさんの楽しい話を聞きながら、1時間半くらい走るといよいよオニヅカ・センター。すでに標高約2800m!車から降りると、肌寒く感じた。

 ここは1986年に、スペースシャトル「チャレンジャー号」の爆発事故で亡くなったオニズカ大佐を記念して名づけられた施設なんだそう。ここでの休憩でお弁当&おみおつけをいただく。。温かい汁物はありがたかった。食後、トイレでズボンの下にスパッツを履き、レッグウォーマーを装着した。

オニヅカさんの石碑。いつでも笑顔で迎えてくれるのだ

トイレもキレイだったし、売店もあって色々売っていた。

葉っぱに産毛が生えていて、ふかふか手触りの良い植物。

でも、育つとこんなに不気味な形になっちゃうの。

 オニヅカ・センターの奥で、銀剣草という珍しい高山植物を見ることが出来た。その名の通り銀色の剣が集まったような形のこの植物は、かなり稀少なんだそう。解散前にガイドさんから注意事項があった。この銀剣草は、人間が触れると、その熱で枯れてしまうのだそうだ。確かに、かわいそうに枯れてしまっているのがいくつもあった。

 「決して触らないで下さいと、ちゃんと説明しているハズなのに、すでに枯れてしまっている株がいくつもあるのです」と、ガイドのケンさんは、とてもハワイの自然を愛しているのだろう、残念そうに話していたけろ。

この扉の向こうに、銀剣草がある。動物除けに柵で囲まれているのだそうだ。

ホント、銀色に輝く、剣がたくさん集まったみたい・・・。

かわいそうに枯れてしまっていた。とてもデリケートな植物なんだね。

 銀剣草の生えているところの手前に、祭壇があり、お供え物が・・・。ちょうどマウナケアの山頂が見えるから、山の神様のためのものだろう。ご挨拶しておいた。

すれ違いでガイドさんがやって来て、お参りしていた。

山に神様がいると考えるのは、日本と同じけろね。

 休憩時間が終わり、更にそこから頂上を目指した。ここから車は4WDに切り替え、ガタガタの悪路を登って行くのだ。まず立ち寄ったの、アメリカ国立電波天文台 (NRAO) が運用する超長基線干渉計 (VLBA) の望遠鏡。

口径が25mもあるんだそう!でか~い!これって動くのかな?!

辺りはどんどん岩だらけに、火星?!のような景色けろ。

プウと呼ばれる丘。てっぺんが赤い。

プウの向こう側は雲海が続く・・・。

 そして山頂に辿り着くと、すご~い!ホントに天文台がいっぱい!ここには我が国の世界最大級の反射望遠鏡を持つ「すばる国立天文台」もあるけろ~!このすばる望遠鏡というのは、口径が8.2メートルもあるんだそうで、この光を集める鏡を作るのに7年も掛かったとガイドさん。すご~い!

各国の天文台が並んでいる。

すばる天文台をバックに記念写真。着ている防寒ジャケットはツアーで貸してくれるもの。

 ハワイ島旅行のために買った「地球の歩き方リゾート ハワイ島」というガイド本の表紙がこのすばる天文台だ。すばる天文台の向こうに沈み行く夕日・・・このガイド本の表紙になってる光景が、今、現実に目の前に広がっていた。

すばる天文台と夕焼け

「地球の歩き方 リゾートスタイル ハワイ島」の最新版はこちら

 いろんな形の天文台があり、アンテナみたいなヤツが並んでいる。すると、いきなりその大きなアンテナが、うぃ~んと一斉に動き出した!サブミリ波アレイ (SMA)というヤツみたい。時間によって動く物かのかな?

ビックリしたけど動く瞬間が見られてなんだかうれしかった

 そしてかえる達の立っているところ、天文台の並ぶ反対側が本来のマウナケア山頂だそうだ。マナ(霊力)が宿るとされているこのマウナケア山頂は、現在は立ち入り禁止。やはり地元のハワイアンの人々にとって、特別なところだから、それは仕方の無いことだろう。

 昔むか~しは、王様がこのマナを求めて歩いて登ったのだそうだ。確かにこの山には、ものすごいパワーが溢れていることを感じることが出来た。感動~!

頂上には祭壇らしきものが見えた

 そしていよいよ、雄大なサンセット。ものすご~く美しかった。「ハワイの夕日は沈むのが早いですからね~」とガイドさん。ホントに見ていると、みるみるうちに沈んでしまった。ああ~っ!行かないでぇぇ~!と言いたいくらい。(笑)

山の向こう、雲海に沈んでいく

幻想的な光景

 そしてまた反対側を向くと、今度は大きなマウナケア山の影が見えた。三角になっている。そしてそして、地球の影も・・・。山の向こうの空、グレーの帯のようになっている部分がそうなんだって。教えてもらわないとわからないよね。すご~くキレイだったけろ。

青~紫~グレーのグラデーションがなんとも美しい・・・。グレーの部分が地球の影になのだそう。

 もう、これだけでも宝物のような光景を見せてもらったのに、今度は星空鑑賞だ!オニヅカ・センターまで戻り、トイレ休憩の後、観測ポイントへ移動。もちろん、もう日は沈んでしまったので、真っ暗けろ~。

 言葉では表現出来ないような星空!え~っ!星ってこんなにあったの?!って感じ。それがキラキラ瞬いて、もう本当に感動した。すぅ~っと動いて行く星??何?流れ星でも無い・・・それはなんと人工衛星だった。すご~い、人工衛星が肉眼で見えるなんて~。人工衛星の軌道は、平和利用のものか、軍事利用のものかで違うんだそう。

 北斗七星、オリオン座、すばる・・・ホントにキレイ。コンピューター制御の望遠鏡を、みんなで交互にのぞき込み、ガイドさんが詳しく説明してくれた。土星の輪っかが見えたけろ~。なんだかとってもかわいかった。(笑)月の表面なんかもよ~く見えた。

ガイドさんが望遠鏡に映る月を、デジカメに撮ってくれたけろ。クレーターがハッキリ見えるぅ~。

 もうホントにうっとり・・・だったんだけど、やっぱり寒かったぁ~っ!結構着込んで行ったんだけど(綿のパンツの下には薄手のスパッツを履いて、膝から下はレッグウォーマー、半袖Tシャツ&薄手の長袖トレーナー&綿のパーカー、そしてその上に貸してもらえる厚手の防寒ジャケットと手袋)、それでもずっと外に立っていると、太ももの辺りがスースーと寒かった。毛糸のもも引きにすれば良かったかも。(´ヘ`;)

 パーカーのフードをかぶっても、顔が寒~い。(笑)毛糸のマフラーがあっても良かったかも~!って言うくらい。下とは、ものすごい気温の差だ。

 たっぷりと美しい星空を堪能したら、後はまた車でそれぞれホテルまで送ってくれる。行きは車で「寝てはいけません!」とガイドさんに言われていたが(起きてないと高山病になってしまうらしい。でも空気が薄くなるせいか、眠くなるのだ)、帰りは問題無しのため、思いっきり爆睡してしまった。(´ヘ`;)

 でも、途中で耳がものすご~く痛くなって目が覚めた!!鼓膜?!ちょっとビビるくらい痛かったけろぉ~。

 気温の差&気圧の差、これってものすごく体力を消耗するよね。ガイドの仕事、大変だなぁ~。車の運転も行き帰り一人だし、悪路だし、すごく疲れると思う。

 で、ホテルに着いたのは夜11:00くらい・・・。ガイドさんにチップ20$を渡し、お礼を言ってさようなら~。お世話になりましたけろ~。

 さすがに二人共ぐったりんちょ。でも、お腹が空いたので24時間やっているスーパーマーケットに食べ物を買いに行った。のり巻き発見!!(笑)赤いきつねもゲット。ホテルで食べる。

お~、のり巻きだ!

でもハワイののり巻きは、なぜかみんなご飯が外側。

 そうそう、車の中で流れていて、ガイドさんが教えてくれた(日本でもCMで話題になったらしいけど、かえるは知らなかった)ケアリイ・レイシェルという人が歌っている「カ・ノホナ・ピリ・カイ」という歌。「涙そうそう」のハワイ語バージョンなのだ。なんだか、マウナケアの夕日なんか見た後に聞くと、雰囲気がピッタリ・・・。ハワイ気分でいっぱいになれた。

関連記事