使えるところを使えばいいけろ

 今日は王子の稽古に行ったけろ。

 早めにおうちを出たつもりだったのに、4号線はすごい渋滞でビックリ!結局遅刻してしまったけろ~。(´ヘ`;)

 稽古場に着くと、相州の黒猫さんとバロンさんがすでに激しく崩しの稽古をしていた。バチさんやそんじさんも登場し、にぎやかな雰囲気だった。

 皆さんは熱心に試験対策。かえるは素振などの剣術の基本や、牛乳パック斬り、居合などの稽古をさせていただいた。


 先週上手く行かなかった、立った状態での牛乳パック袈裟斬り。無理に左ヒザの緩みを使おうとせず、右ヒザに重心を乗せ、右ヒザを緩ませて斬るつもりで・・・という先生のアドバイスの通りにやってみた。刃筋はぶれないように意識して・・・。えいっ!

 するとフワッ!と牛乳パックが浮かんだ!き、今日は一撃で斬れた!ドキドキしながらも、2回目もなんとか続けて斬ることが出来た。先生のアドバイスはさすがだ~。「使えないところを無理に使おうとせず、使えるところを使う」・・・けろね~。

 居合の縦抜きも上手く鞘引きが出来なくて苦戦していると、先程と同じアドバイスが・・・。そっか~。

 う~ん、確かにケガすると動きが制限されてしまうけれど、その中で出来ることを改めて意識して確認することって、すごく勉強になるんだなぁ~と改めて思った。

 イスに座った状態での八相の剣重、下半身が使えないので最初はどうしていいか、良くわからなかったけろ。普通にやる時は、左股関節とか左ヒザを使ってギュ~っと撞木を切ることで袈裟のラインに力を入れて行くつもりでやっていたから・・・。で、その分通信講座の撮影でもいっぱいやった胸を使うってことを意識してみようと思ったら、なんとなく少し近づけたみたい・・・??

 あ~、この機会に(?!)胸を使うっていうのが少しでも感覚としてつかめたらいいなぁ~。


1 thought on “使えるところを使えばいいけろ

  1. はるる

    すごいです、すごいです!!
    使えるところを使って進化されてますねぇ!!!

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。