斬り返しの特訓

 昨日は久しぶりに居合の稽古が無かった。で、今日は月に1度の梶原稽古。

 ○谷さんは仕事が忙しいとのことでいらっしゃられず、参加者は3名と月曜日より更に少ない人数。なので今日も濃い内容でしごかれたけろ~。

 足の入れ替え、半身の入れ替え、前受け身。

(剣術)

・基本素振り、廻剣
・大上段からの当てっこ
・斬り素振り
・斬り返し

 斬り素振り、右手が強すぎるとまっすぐに振れない。無意識に斜めになってしまう。左ヒジから振り下ろすイメージで。斬る対象物を意識すること。

 大上段からの当てっこ。剣は無理に立てないで、もっと楽に構えていいとのこと。

 当てる方はなかなか当たらないし、避ける方も当たり出すとなぜか続けて当てられてしまう・・・。その上、先生が相手だとすごく怖い。もうビクビク。で、顔を見てしまうと惑わされてしまうので、決して先生の顔を見てはいけない。(;´∀`)

 その後は斬り返し。最初は右から1回ずつ、しっかり体を乗せて打って行く練習。顔を出さないようにと何度も注意されてしまう。剣先が先、で、剣と自分の距離は変えないように。

 左は更に難しい。体を乗せるためには右手の角度?方向?が大事みたい。斬り返しは本当に難しい!とにかくあごを引いて、顔から前に出ないように・・・これだけはまず直さなくちゃ~。


2 thoughts on “斬り返しの特訓

  1. 竜之介

    昨日はお疲れさまでした。
    かなりの扱きでしたね(^m^)
    かえるさんはしごかれるとだんだんいい動きになり、うらやましいです。
    斬り返しの際の足の動きがとても良かった〜。
    やはり、古武道家を目指しているだけある!
    見習おうっと(^▽^)

    返信
  2. かえる

    お疲れ様でした~。

    いえいえ、そんな~。
    だんだんおかしくなる時も多いですよ~。(´ヘ`;)

    斬り返しってホント難しいですよね~。足は意識しないとなかなか思うように動かないです。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。