水平斬りの練習

1 min 18 views
kaerudon

kaerudon

 今日は王子の稽古に行って来たけろ~。

 お盆休みが終わったせいかな?いつもより参加者が4名と少なかった。

 で、少人数と言うことで、水平斬りを練習すると突然先生が・・・。先日の昇級試験、3級の試験課題にあったのだけれど、ちゃんと出来ていた人が少なかったからとのこと。

 構えた時に左手は被せるように、右ヒジはしっかり体にぶつける。最初は3キロ近い振り棒で練習。振った後、重さに持って行かれる。手首がぁ~っ!(´ヘ`;)

 鏡を見ながらやってみると、剣が水平に動いていないことが良くわかった。意識して水平に、水平に。しばらく練習した後、真剣で牛乳パック斬りに挑戦させていただいた。

 真剣はすご~く重い!それを水平に振り抜くのはものすごく難しい。振った後に重さに負けて、手を離してしまいそうなのが、何よりすごく怖かった。とにかく、しっかり握って手を離さないことを一番に意識。

 で・・・やってみると、全然斬れなかった。(´Д⊂グスン

 次は反対、左からの水平斬り。剣先を走らせるように。

 最後は袈裟。足を撞木に、ヒザでラインを作る感じ。体を早く開いてしまわないように。右ヒジをしっかり伸ばす。体を捻らない。

 でも切れ目が入るくらいで、牛乳パックは飛んで行ってしまい、ひどい時はへこんでるだけ。斬れないのは、ちゃんと刃が斬れる角度で当たってないってことなんだよね~。う~ん、ホントに難しい・・・。

 結局、スパッと真っ二つに斬ることは出来なかったけど、かなり勉強になったと思う。斬り素振り、練習しなくちゃ~。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です