整形外科へ

1 min 54 views
kaerudon

kaerudon

 今日は午前中、獨協の大学病院へ。今日のレントゲンで、「脛骨粗面移行術」というスネの骨を切って、内側に移動させボルトで固定する・・・という手術するかどうか、判断しましょうと医師に言われていた。

参考ページ「スポーツドクターみやの日記」

 今日の診察のために、稽古場ではハルさんに膝蓋骨にもちゃんと圧が掛かる立ち方などを教えてもらって、なんとか手術は回避したいと自分なりにがんばってみた。自分ではヒザを伸ばして力を入れているつもりなのに、力が掛からないようにしていると、ハルさんに指摘された時はビックリしたけど・・・。(;´Д`)無意識にそうするくせが付いているんだろう。

 そしてレントゲンの結果、圧が掛からないために宇宙飛行士のように透けてしまっていたかえるの膝蓋骨周りの骨は、どうやら少しマシになって来ているらしい。なので「とりあえず保存的にみて行くことにしましょう」となった。次回5月に診察して、それで問題が無ければしばらく診察にも来なくて良いとのこと。


 はぁぁぁ~、良かったぁぁぁ~。とりあえずしばらくはパテラサポーター(膝蓋骨が外に行かないようにパッドが付いている)を、外に出る時はいつもしないとならないけれど、筋力が戻れば今までのように生活が出来る・・・ハズ!

 「雨の日のスーパーとか、滑るから気を付けてね」と医師に言われた。やはり保存的にみていた患者さんで、雨の日のスーパーでお買い物をしていて足を滑らせ、またまた膝蓋骨脱臼。さらに今度は骨折までしてしまい、結局手術するハメになってしまった人がいるそうだ。

 雨が降っていなくても、今回のかえるの時みたいにどこに落とし穴(ゲ○)があるかわからないしなぁ~。やっぱり外を歩く時はサポーターをしておくべきかもしれない。

 治療やアドバイスを続けてくださったハルさん、稽古場でそれを許してくださった先生、そして月一で治療してくれたそんじ院長に感謝です。心配してくださった会の皆さんにも・・・。・゚・(ノД`)・゚・

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です