藤の会のお手伝い

1 min 24 views
kaerudon

kaerudon

 しばらく書くのをサボってしまったけろ~。明日、明日とアップは遅れても、いつもテキストに書くだけは書きためておくんだけど・・・。なんも書いてない。(´ヘ`;)ま、いっか~。

 昨日、10/7(日)は藤の会のお手伝いをさせていただきました。江戸東京博物館で、「子供たちに伝える伝統芸能公演」が、花季藤子先生と門弟の皆さんによる藤の会の主催で開かれたけろ。

 かえるは諸事情により、端唄のお稽古に通えなくなってしまったので、残念ながら今回はお手伝い。「雀の子」を唄う練習していたんだけどね~。でも、お手伝いだけでもさせていただくことが出来て、本当に良かったけろ。お客さんもたくさん入って、大成功でした!

 もっと近かったら良かったなぁ~なんて思っても仕方ないけど、またいつかお稽古に通える日が来るといいな。せっかく教えていただいたんだから、三味線は時々触っておかないとね~。忘れちゃうけろ~。暗譜の「奴さん」、まだちゃんと覚えてるかな?!(´ヘ`;)

 しかし、江戸東京博物館の楽屋は遠いけろ。草履で(それも歩きにくい畳表を履いて行っちゃった)歩き回って、足がくたびれた~。今日着た小紋は、そろそろ生き洗いに出さないとダメかなぁ。


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です