デグーの赤ちゃんが産まれた(1)

1 min 22 views
kaerudon

kaerudon

 2/9、デグーの赤ちゃんが産まれたけろ!

 朝起きて、いつものように布を外すと、みるちゃんがいない。まだおうちの中なんて珍しい・・・と思いつつ、のぞき込むとピルピル小さな声がする。それもたくさん?!

 「あれ?もしかして産まれちゃったの?!」とよ~く覗いてみようとするものの、わらのおうちは、入り口まで新聞紙がいっぱいで、全然中の様子がわからない。でも、外にはみ出した新聞紙には、少し血が付いていたので、きっと産まれたんだ!リビングで寝ていた殿様曰く、朝方からピルピル声がしていたそう。

しばらくして外に出て来たみるちゃんは、スッキリスマートになっていた。おお~っ!

 出て来たみるちゃんに、おやつをあげようとすると食べない。お腹空いてないのかな?と思ったら、お尻をぺろぺろ。すると胎盤が出てきて(1センチくらい)、手で持ってキレイに食べちゃった。やっぱり血の臭いをさせておくと、襲われるからかな。全部自分で始末しなきゃらないなんて、動物のお母さんは大変けろ。

 隙間からなんとかチャンスを狙って、のぞき込もうと何度も挑戦したら、少しだけ赤ちゃんを見ることが出来たけろ!3センチくらいかなぁ~?小さくて、お耳が大きかった。2匹くらい動いているのがわかったけど、全部で何匹産まれたのかはまだわからない。

 様子を見ていたら、ひょーちゃんはなんとなく手持ちぶさた?居場所が無い感じでウロウロ。不思議なことに回し車も回さない。一応気を遣ってるのかな?!わらのおうちに入ろうとしては、みるちゃんに怒られる。気になるのか、何度も覗き込むんだけどね。で、仕方なく、おうちの前に新聞紙を山にして、もぐってみたり、そんなところで寝たことなんて無いのに、地べたの新聞紙にもぐって横になってみたり・・・。(笑)

夫は中に入ることを許されないおうち

みるこがご飯を食べている隙に、そーっと覗いてみた


関連記事