男の子のデグーをお迎え

2 min 34 views
kaerudon

kaerudon

 10月の頭ぐらいから、里親掲示板などでデグーの赤ちゃんを捜してみた。募集を見つけたが、一軒は神戸でもう一軒は大分!と、遠いけろ~。大分の飼い主さんは、「宅急便で送れます。今まで30匹ぐらいそうして送って来ましたが、トラブルはありませんでしたよ。」とのこと。かわいそうなのでは・・・?としばし悩む。

 里親さんは「さいたま市にも送ったことがある」そうなので、悩んだ末、譲っていただくことにする。

 譲ってもらえるのが、結局女の子1匹だったので(ホントは姉妹で2匹欲しかったけど、みんな里親さんが決まってしまったそう)、どこかでもう1匹譲ってもらえないかと再度探してみた。

 だってデグーは集団で生活しているそうなので、ひとりぼっちはかわいそうです・・・と飼育に関する情報が載っているHPには大抵そう書いてある。大勢で固まって、「デグ団子」と化している写真もたくさん載っているので、ホントにみんなでくっついて一塊りになっているのが好きみたい・・・。(笑)仲良しな姿は見ているだけで癒される。

 もう1匹見つけた里親募集中の赤ちゃんは、問い合わせてみたところ男の子とのことでちょっと迷ったけれど、どうせ飼うからにはいつかはお婿さんをもらって繁殖させてみたかったし、これもご縁かも~と考え、男の子の方も譲っていただくことに。

 で、神奈川まで、デグーをもらいに行って来たの。埼玉からは、2時間ほどの長い道程。

 駅に着くと飼い主さんはすでに待っていてくれて、ご挨拶の後早速デグちゃんを見せてもらう。どひゃ~!か、かわいい・・・。たまらんっ!(笑)やっぱりこの間、ペットショップで見たデグちゃんはかなり育ってしまっていたのだな。大きさが全然違うもん。まだ小さくて、かわゆ~いのであった。

 よくマンガで、目がハートになっている描写があるが、絶対この時のかえるのオメメはハート型になっていたに違いない。

 色々飼い方についてのアドバイスを受けたり、パパデグ・ママデグの写真なぞ見せていただいたりして、持参した米びつ(?!)にデグちゃんを入れてもらった。すんごい大人しかった。飼い主さんは「この子は結構やんちゃだから、猫被ってるのかも~」と笑っていた。やっぱりみんなと離されて、かなり緊張しているんだろうな。

 帰り道、大人しいと思ったら途中から「ぴ~ちゅ~」「ぴゅるるる~」「ちぃぃ~」と鳴きながら、米びつの蓋に体当たり。(笑)やっぱり飼い主さんが言ってたように、ホントはかなりやんちゃな子みたい。(;´Д`)出たくて仕方無かったみたいけろ。

 帰ってから、準備しておいたケージの支度をしてケージに移したけれど、まだかえるには全然慣れてないハズなのに手で掴んでも噛んだりしないだね~、デグちゃんは。

 しっぽが切れやすいと聞いていたので、しっぽに注意して両手でくるむようにそーっと掴んで、ついでにくんくんニオイを嗅いでみた。ニオイはよくわかんない。(笑)体臭自体はあまり無いようだ。

 ケージに入って、しばらくは環境の激変のせいか大人しくしていたけれど、慣れて来ると外に出ようとする。中から「出して、出してコール」を連発するけろ。慣れてもらうため、ケージの扉を開けてエサを手渡ししようとするのだけれど、その隙間から出ようとするの~。で、初日早々脱走された。(´Д⊂グスン

 マッサージチェアの下に潜っちゃって、もう捕まえるが大変!ヘンなところに入っちゃって、出て来られなくなったりしたら困るし、気を付けないとね。「和室の方が危なくないんじゃない?」と殿様がえる。そうかも。

 で、夜になると、やっぱり初めてのひとりぼっちが淋しいのか、ずっと「ぴちゅ~、ぴぃ~ちゅ~」と鳴いていて、ちょっとかわいそうだったけろ。誰かを呼んでいるような感じなんだもん。

 名前は「もこみち」にしようとも思ったんだけど、結局今一番強いロシア人格闘家の名前をもらって(笑)ヒョードルに決定!かっこいいー!殿様の意見もあるけど。(笑)強くたくましいデグーに育つかな?!

小さなひょーどる君

心細げ

関連記事